hirata_table_01

左から貴嗣さん、文絵さん、晴睦さん、暉人さん

平田家の食卓

アクアパッツァと
チャーシュー

長男・晴睦さんは、釣り好きの祖父の影響で魚に興味を持ちはじめ、新型コロナによる休校期間中も図鑑を見ながら毎日、魚の絵を描いて過ごすほどの魚好きになりました。今では、魚介を扱うためにキッチンに立つことが増え、料理を通して魚の細部を観察することも楽しみの一つです。今回もイカの下ごしらえを慣れた手つきで済ませ、母・文絵さんにバトンタッチ。

アクアパッツァを煮込んでいる間に、文絵さんは母親が昔からよく作ってくれたという直伝のチャーシューの盛り付けに入ります。一緒に煮込んだ名脇役のこんにゃくがアクセントとなる子どもたちもお気に入りの一品です。

「新しいものが好きなデジタル派」の父・貴嗣さんと「手をかける不便さも大事にしたいアナログ派」の文絵さんという夫婦のコントラストも印象的な平田家。そんな2人の違いもあって、話し合いを重ねることも多いそうですが「自然に囲まれながら、その子らしく、のびやかに育ってほしい」という、根底にある想いは同じ。自然の中で過ごす「野外保育さとのたね」で次男・暉人さんとともに活動し、母として日々奮闘する文絵さんのことを貴嗣さんは全面的に信頼しています。

性格や個性に違いがあっても、好きなことに夢中になって取り組む息子たちを応援する気持ちは、いつもひとつです。

hirata_recipe_02

材料と作り方

hirata_recipe_01

イカとあさりのアクアパッツァ(2-3人分)

イカ1杯
あさり150g
ミニトマト適量
にんにく1片
白ワイン50cc
100cc
塩・コショウ適量
オリーブオイル適量

❶オリーブオイルとにんにくを熱して香りが出たら、あさりとイカを入れて炒める
❷ミニトマト、白ワイン、水を加え、煮立ったら、蓋をしてさらに3分煮る
❸塩コショウで味を整えて完成

hirata_table_02

こんにゃくと豚バラのチャーシュー(3-4人分)

豚バラブロック500g
こんにゃく1袋
150cc
80cc
しょうゆ80cc
砂糖大さじ3
しょうが1片

❶強火で豚バラとこんにゃくに焼き目をつけ、余分な油をふき取ったあと、調味料をすべて入れる
❷アルミホイルで落し蓋をして、強めの中火で15分ほど煮る
❸泡が細かくなってきたら、火を止め、豚バラとこんにゃくを薄切りにして盛り付ける

バックナンバー

hirata_table_01_thumb

平田家の食卓

アクアパッツァとチャーシュー

もっと見る
osawa_table_01_thumb

大澤家の食卓

鹿放ケ丘の持ち寄りピザ

もっと見る
hayashi_table_01_thumb

林家の食卓

ひっつみ

もっと見る
kojima_table_01_thumb

小島家の食卓

ズッキーニの肉巻き

もっと見る
fukuma_table_01_thumb

福間家の食卓

家族で包む薬味餃子

もっと見る
kuroda_table_01_thumb

黒田家の食卓

唐揚げ

もっと見る
goto_table_01_thumb

後藤家の食卓

スパゲティ・ボロネーゼ薪ストーブで作るピッツァ

もっと見る
kemi_table_01_thumb

毛見家の食卓

四街道産 鹿放のむかしパンで作るチキンバーガー

もっと見る
kurita_table_01_thumb

栗田家の食卓

ハンバーグとキレドの新鮮野菜

もっと見る
onda_table_01_thumb

恩田家の食卓

自家製ダレで食べるせいろ蒸し

もっと見る
冊子 Vol.1をダウンロード(PDF) 冊子 Vol.2をダウンロード(PDF)