osawa_table_01

手前右から敏弥さん、薫さん、孫のしいさん、娘の亜弥さん、奥にはピザを待つ農業仲間の皆さん

大澤家の食卓

鹿放ケ丘の持ち寄りピザ

額に汗を流しながら自慢の窯でピザを焼く大澤敏弥さんとその準備をテキパキとこなす薫さんご夫妻。2人の開催した夕涼み会に、鹿放ケ丘で農業を営む開拓2世、3世を中心に多くの仲間がかけつけます。鹿放ケ丘産の小麦粉の生地に薫さんがじっくりトマトを煮詰めたソースとそれぞれが持ち寄った野菜が乗ったごちそうです。

敏弥さんは、28才で自動車整備士から稼業であったシイタケ農家を継ぎ、今ではトマトとアスパラガスを中心にキクラゲやシイタケ、季節ごとにさまざまな野菜を生産しています。「この地域の農家があんまりやっていないことを見つけて挑戦するのが楽しいんです」と言い、地域の人たちの声を敏感にキャッチしながら、喜んでもらえる野菜を作り、地域の人に買ってもらうことに力を入れています。そういったサイクルがあれば「四街道で取り組む農業には可能性がある」と自信をのぞかせる敏弥さん。会長を務める朝市(日曜に市役所駐車場で開催)で交わすお客さんとの会話も日々、仕事のヒントになっていると言います。

先輩たちの知恵や経験、勉強熱心な若い新規就農者からも刺激を受けながら、季節ごとに何を育てようかと考えを巡らせている時間も楽しく、「今とっても農業が面白いんですよ」と屈託のないキラキラした表情を見せてくれた大澤夫妻。2人の周りには笑い声が絶えません。

osawa_table_02

材料と作り方

osawa_recipe_01 osawa_recipe_02 osawa_recipe_03

石窯ピザ(2人分)

鹿放の小麦粉250g
小さじ1/2
砂糖小さじ1
ドライイースト……3g
ぬるま湯150cc
オリーブオイル大さじ1
お好みの具材適量(野菜、肉類)
チーズ適量

トマトソース

フルティカトマト5kg
塩コショウ適量

❶ヘタを取り除いたトマトを鍋に入れて少し潰して、アクを取りながら煮る
❷ハンディブレンダーを使ってトマトを潰してさらに煮詰めたあと、塩コショウで味を整えてトマトソースの完成
❸ボールに小麦粉、塩、砂糖、ドライイースト、ぬるま湯、オリーブオイルを入れてよく捏ね、暖かいビニールハウスで40分ほど発酵させる
❹生地をひろげ、❷で作ったトマトソースと好きな具材とチーズを乗せて、石窯で焼き上げる

バックナンバー

hirata_table_01_thumb

平田家の食卓

アクアパッツァとチャーシュー

もっと見る
osawa_table_01_thumb

大澤家の食卓

鹿放ケ丘の持ち寄りピザ

もっと見る
hayashi_table_01_thumb

林家の食卓

ひっつみ

もっと見る
kojima_table_01_thumb

小島家の食卓

ズッキーニの肉巻き

もっと見る
fukuma_table_01_thumb

福間家の食卓

家族で包む薬味餃子

もっと見る
kuroda_table_01_thumb

黒田家の食卓

唐揚げ

もっと見る
goto_table_01_thumb

後藤家の食卓

スパゲティ・ボロネーゼ薪ストーブで作るピッツァ

もっと見る
kemi_table_01_thumb

毛見家の食卓

四街道産 鹿放のむかしパンで作るチキンバーガー

もっと見る
kurita_table_01_thumb

栗田家の食卓

ハンバーグとキレドの新鮮野菜

もっと見る
onda_table_01_thumb

恩田家の食卓

自家製ダレで食べるせいろ蒸し

もっと見る
冊子 Vol.1をダウンロード(PDF) 冊子 Vol.2をダウンロード(PDF)