minami_table_01

左から南和世さん、斗和さん、斗和さんのご友人

南家の食卓

米粉のケークサレ

仕事を抱える和世さんをはじめ、長男の斗和さんは高校生活に向けた準備、次男の佑和さんは、部活動でそれぞれが忙しく、南家のライフスタイル、食事の時間はバラバラです。

「1人で料理をしている時間はとても孤独な時間になりがち。1日に何度もそういう時間を作るのは避けたくて、キッチンに立つのは、朝の1時間だけと決めています」

そう話す和世さんは朝ごはん、自分のお弁当、夕食の支度をすべて朝5時からの1時間で済ませています。前夜に作るメニューを決め、効率よく調理開始。夕食用のおかずは冷蔵庫へ。朝にまとめて炊いたご飯は冷めても美味しい「おひつ」に入れ、それぞれが食べたい時間に美味しく食べられるように準備をして1日が始まります。

朝練のある佑和さんは6時過ぎ、斗和さんは6時半過ぎにキッチン内にある小机でそれぞれ時間差で食事を取っています。調理を終えた和世さんは、入れ替わる2人の食事に寄り添うように長めの食事をしながら、息子それぞれと交わす会話の時間を大切にしてきました。

日々成長していく息子たち、そしてこれからも変化していくそれぞれの生活に合わせて、家族全員がストレスを感じることなく柔軟に食事のスタイルを変化させていく南家。家族が快適にそして笑顔で過ごすための工夫が詰まっていました。

minami_table_02

材料と作り方

minami_recipe_01 minami_recipe_02 minami_recipe_03

米粉のケークサレ(4人分)

米粉130g
アーモンドパウダー20g
ベーキングパウダー小さじ1と1/2
小さじ1/2
無調整豆乳130mℓ
菜種油40mℓ
1個
砂糖小さじ2
粗塩適量
具材(冷蔵庫にあるものでOK)適量

❶具材(ほうれん草・ハム・玉ねぎのソテーなど)を塩こしょう(分量外)を効かせてソテーしておく
❷ボウルに米粉、アーモンドパウダー、ベーキングパウダー、塩を入れて混ぜ合わせる
❸卵、豆乳を混ぜた別のボウルに油を分離しなくなるまでしっかり混ぜる
❹2つのボウルを合わせ、ソテーした具材を入れて混ぜたら、パウンド型に流し入れ、粗塩を振る
❺170℃に予熱したオーブンで40分ほど焼く

バックナンバー

goto_table_01_thumb

後藤家の食卓

スパゲティ・ボロネーゼ薪ストーブで作るピッツァ

もっと見る
kemi_table_01_thumb

毛見家の食卓

四街道産 鹿放のむかしパンで作るチキンバーガー

もっと見る
kurita_table_01_thumb

栗田家の食卓

ハンバーグとキレドの新鮮野菜

もっと見る
onda_table_01_thumb

恩田家の食卓

自家製ダレで食べるせいろ蒸し

もっと見る
furukawa_table_01_thumb

古川家の食卓

スパイスカレー

もっと見る
minami_table_01_thumb

南家の食卓

米粉のケークサレ

もっと見る
冊子をダウンロード(PDF)