kioku_26_20201130

#26

秋たけなわの
四街道公民館前の松並木

2001年頃の様子

四街道公民館裏門の土手に沿って、立派な松並木があった。この松並木は、松くい虫にやられたため、2005年暮れにすべて伐採された。この松の幹にはV字型の鋭い切込みがあった。それは戦時中、航空燃料を得るため、松やにを採取した傷跡だ。石油の産出量が極端に乏しい日本では、そうまでしなければ、飛行機を飛ばすことができなかったのだ。悲しい戦争の痕跡だ。この土手の内側に、野戦重砲兵第四連隊の将校集会所の建物があった。フランスの建築様式だという。取り壊した跡地に、四街道公民館が建てられた。
図奥のレンガ製の門柱は、野戦重砲兵第四連隊の営門だった。現在、愛国学園大学と附属四街道高等学校の正門になっている。

バックナンバー

もっと見る