08

#8

四街道十字路に通ずる
中三角踏切

2005年頃の様子

JR四街道駅北口から千葉方面に向かうと、まず和良比踏切が見えてくる。二番目が、図の中三角踏切だ。踏切を渡って奥に進むと、四街道十字路の近くに出る。道幅が狭いため、自動車は通れない。

正面のブルーのトタン張りの家や茶色のバラックは、1960年代の建物だった。2017年5月上旬に、総て姿を消した。現在、草の生い茂る更地になっている。以前、そこから縄文時代の貝塚が見つかっている。

木立に隠れた左側の家も同時に取り壊されたが、こちらは大きなアパートが建設中で、活気に満ちている。

バックナンバー

もっと見る