04

#4

JR南口に急ぐ
サラリーマンの通り道

2004年頃の様子

鹿渡県道踏切左側にある石山商店(八百屋さん)と、伊藤甲進堂(化粧品店)の間に、狭い路地がある。JR四街道駅南口に急ぐサラリーマンにとって、重要な通路だ。ミラーに、向かい側の石橋自転車店が映っている。

道幅がひどく狭いため、先客の自転車が通過するまで、降りて待つのがルール。多くの市民が利用するので、タワシで磨いたように、通路の石畳はピカピカになっている。

バックナンバー

もっと見る